サイトメニュー

精神的にやんでいるなら

悩む女性

選び方や準備

現代病の一つとして知られているのがうつ病になります。うつ病は、外からはわかりませんが精神的な問題を抱えている病気と言えるでしょう。この病気は、ひどい状態になると会社にすらいけなくなることも少なくありません。もし、会社の給料だけで生活をしているとすれば、生活体ができなくなってしまう恐れがあります。このような時、積極的に利用しておきたいのが障害年金です。障害年金は、申請して許可が下りれば毎月6万円から8万円ほど支給されるのが基本になるでしょう。ただ、この場合診断書を書いてもらう必要があるでしょう。診断書がなければ、そもそも申請自体をいることはまずありません。申請を許可してもらうためには、病院の先生に診断書の記入をお願いすることが必要です。自分で書いても意味がありませんので、必ず病院の先生にお願いすることが重要です。この時、どのような病院を選んだらよいかが気になるところですが、診断書の内容によってもらえる金額が異なることを考えれば、診断書を書くことに対して慣れている先生にお願いしましょう。これをどのように調べたらよいかといえば、病院の先生に直接聞くのは難しいですので、自分で口コミや評判などを参考にしてみるのがよいです。あるいは、ホームページなどを見てみると診断書の作成が得意なところがわかるでしょう。

うつ病に悩んでおり、障害年金をもらう場合に準備をしておきたいことは、しっかりとしたお金の管理になります。お金の管理がしっかりしていれば、障害年金が出るまでのあいだ十分な生活をすることができるでしょう。ちなみに、うつ病になって障害年金の申請をして実際に支払われるまでは1カ月以上かかることがあります。そうだとすれば、その1か月間は食べることに困らないだけのお金をもっておくことが必要になるでしょう。どれぐらいの金額が必要かといえば、7万円前後あれば問題ありません。そもそも、これから障害年金を申請して審査を通過した場合でも毎月7万円程度しかもらえないことを考えると、それぐらいのお金で生活するだけの工夫が必要になります。今まで、自分だけで暮らしていても生活費が10万円程度になっているような場合には、支給される金額と同じぐらいの金額で実際に生活してみることが重要になります。もし、それでもオーバーしてしまう場合は必要なもの以外のすべて削ってしまう方がよいです。それだけ十分な準備をしておけば、いざお金をもらう段階になっても生活に苦労することはありません。あとは、障害年金をもらうときの条件に当てはまっているかを確認しておく必要があります。