サイトメニュー

援助者と申請を検討する

医者と患者

受給に伴う効果を知る

障害年金とは、病気やけがで働くことができなくなった時に収入を補ったり、障害ゆえに必要な経費の増加をカバーすることを目的としています。年金の対象となる障害には、精神疾患も含まれていて、うつ病も該当します。しかし、うつ病が障害年金の対象であることが、あまり知られていない上に、障害の程度がかなり重くないと支給されないというような問題もあるため、実際、うつ病で受給できるにも関わらず請求している人は少ないというのが現状です。まずは、該当するかどうかを確認しておくことも大事です。障害年金の手続きは、年金事務所などでの相談から始まり、通常は、年金の最低通知と年金証明書が本人の手元に到着した時に完了します。決定内容に不満があるときには、審査請求や訴訟になるため、手続きは、その結果が出てからになります。スムーズにいっても、手続きには数か月ほどかかり、見慣れない書類を書いたり、医師とのやり取りなど、うつ病の治療中の人にとって負担になることも多いです。書類には本人しかわからない症状などを書くことが求められます。ソーシャルワーカーや社労士など専門科の援助がない状態で、本人やその家族だけで進めようとすると精神的にも体力的にも負担が大きいです。そのため、手続きを進める際には、早めに援助者を見つけることが大事です。

うつ病を治療中の人は、経済的不安を抱えている人も少なくありません。また、休職し自宅療養をしているうちに、社会とのつながりが希薄になりがちです。障害年金は、生活や就労が制限されているうつ病の人も受給対象です。受給となれば、生活の基礎的部分に、支給されたお金を充当することも可能になります。また、障害年金という国からの給付を受けることで、このような病気になっても、社会からきちんと支えられていると実感することができるのもメリットです。加えて、金銭的な問題で、最低限のことでも我慢しなければならない生活から解放され、心の豊かさを取り戻していくことも可能になってきます。そして、障害年金が振り込まれることにより、通帳の管理を自分でするようになり、生活している、生きているという現実感がしっかりと芽生えてきます。うつ病の人は、病気を認めること、病気に伴いさまざまな弊害が発生していることを認める是非に葛藤している人も多いです。これも、受給により生活の中で重きを置く事柄が、経済的な豊かさの是非に変化させていく効果が期待できます。加えて、物理的に見えやすい受給支援のプロセスは、うつ病患者からも支援内容がわかりやすく、支援者と信頼関係を構築しやすいという利点もあります。